記事一覧

【毛鉤屋】釣行記

いつもお世話になっております。
毛鉤屋です。

6月に入り、皆さまはどうお過ごしでしょうか。

北日本もそろそろ雪代が終わり、安定した水温、水量で渓流の状況も良くなり、
水生昆虫、陸生昆虫が水面に落下し、ドライフライへの反応が良くなる季節になってきました。

ドライフライの釣りは、なんと言っても、イメージ通りにドライフライが流れ、イメージ通りに水面が割れる瞬間が、「釣れた」ではなく、「釣った」感じがあり、満足感があります。

そして渓流魚も綺麗で、森の中のマイナスイオンも気持ちいいですよね。

私自身もこの時期になると渓流に行きたくてウズウズしてしまいます。

先日、空いた時間を利用して、短時間ではありますが、釣行してきましたので、
ご報告いたします。

午前10:00~11:00の1時間釣行。
短期決戦のため、堰堤前に絞り攻めることにしました。


●この堰堤前の白泡の流れは、「奥」「中央」「手前」の流れの3つに分かれています。
 まずは、「ゴダードカディス」を結んで、「手前」の流れに落とすと、、、1投目で反応あり!



●いきなり咥えていったのは、このイワナでした。
 痩せていますがヤル気のある個体です。
 これだけヤル気があれば、すぐに大きなイワナになれる事でしょう。
 今後に期待し、やさしくリリース。。。



●上のイワナをかけたフライパタンは、「ゴダードカディス」です。
 浮力があり、アピール力もあり、トラブルの少ないフライで、
 釣り上りにもって来いのフライだと思います。個人的にはかなりお気に入りのパタンです。



●少しポイントを休ませ、「エルクヘアカディス(ブラック)」を結び、再び「手前」の流れにキャストすると、、、
 ゆっくり「パクッ」と咥えていったのは、このイワナでした。
 これもサイズは小さいですが、尾はピンッと大きく、とても綺麗なフォルムのイワナでした。



●上のイワナをもう一枚。
 水に入れるとまた模様の感じが変わって見えます。
 やっぱり綺麗で、ほっとします。リリースすると元気に帰っていきました。



●上のイワナをかけたフライパタンは「エルクヘアカディス(ブラック)」です。
 言わずと知れた実績パタンですが、浮力もあり、アピール力もあります。ブラックは陸生昆虫を思わせるカラーだと思っていますし、季節に合っていると思っています。カディスは水生昆虫ですが、なにか特定のパタンに結び付ける必要もないと思っています。
魚の気持ちになって、自由な発想でフライを選択するのも楽しいものだと思っています。



●また少しポイントを休ませ、しつこいようですがまた「手前」の流れにキャスト(笑。
 今度は、「クリンクハマーイエローアントロンポスト」を結んでみました。
 すると「ガボッ」と大きめのライズ!深いところでかけたので、結構な引き。
 速い流れに入ってしまい、さらに引きを楽しんだあとネットイン!
 サイズは23,4cmというところでしょうか。
 食い気もありますし、まだまだ大きくなりそうです。そして、やさしくリリース。



●上のイワナをかけたフライパタンは「クリンクハマーイエローアントロンポスト」というパタンです。岸際の緩い流れに蜂の亡骸が漂っていましたので、蜂を意識してこのパタンを使用したところ、マッチしたようです。なんの疑いもなく咥え、口の奥のほうにフッキングしていました。



●今回の渓流の渓相です。
 時間がなく堰堤しか攻めれませんでしたが、このフリーストーンの渓相は、至る所がポイントになっています。後ろ髪引かれる思いで帰路につきました。



今後、暖かくなるにつれ、渓魚の活性も上がり、
ますますドライフライの釣りが楽しい時期になってきます。

綺麗な渓流の流れから、綺麗なイワナ、ヤマメが反応することを思い描いて釣行に出かけてみてはいかがでしょうか。

当店のフライが皆様のお役立てれば幸いです。
皆様が、思い出に残るような良い釣行になりますよう願っております。









完成フライ専門店 毛鉤屋
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

毛鉤屋

Author:毛鉤屋
「完成フライ専門店 毛鉤屋」の店長です。
フライフィッシングの釣行記、完成フライの入荷情報など、フライフィッシングことなら何でも発信していきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

完成フライ専門店 毛鉤屋にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

最新コメント